憧れのトップスタイリストの姿

憧れのトップスタイリストの姿

美容室のアシスタントたちにとって、自分の将来の姿を思い描くのに身近なスタイリストたちの活躍ぶりがいちばん仕事へのモチベーションとなることでしょう。特にスタイリストの中でもトップスタイリストと言われるいわゆる人気美容師たちの活躍や生活ぶりは「あんな美容師になりたい!」と思わせるような華があると思います。実際にそこまで上り詰めたトップスタイリストたちは、それまで散々美容師たちを悩ませてきた定収入などの苦しさとは無縁の生活をしている人たちがほとんどです。そしてさらなる高みを目指して職場を変わったり、自分で店を持ったり、という夢を持っていたりします。その姿こそが美容師のアシスタントたちの憧れであり目標でもあるのでしょう。その姿を真剣に追いかける事で、日々の辛さを耐え抜くことができるのかもしれません。つまり身近にその様な目標となる美容師がいるかどうか、という事もアシスタントたちが辞めずに頑張っていける条件ともなるかもしれませんね。身近な先輩たちも相変わらず定収入や休日の無さを愚痴っているような状況では、とても自分の将来に対して夢を持つことはできません。もっと楽しく働いている美容師たちがいる職場に変わってみるのも良いかもしれません。アシスタント時代を乗り切れずに辞めてしまう人達の中で、本人の意に反して「辞めなくてはならなかった」と言う人もわずかならがいるようです。その人達の理由の大半は「アレルギーなど体質に合わなかった」と言う事です。残念なことですが、これは仕方のない事、としか言いようがありません。ですがそういう症状が出た時には、これからの身の振り方に対して早く見極めを付ける事が大切だと思います。完全ではない状態で仕事を続けることはとてもストレスです。症状も改善される事は難しくなるでしょう。それよりもきちんと自分で見切りをつけて、別の業界に転職を考える、というのも一つの選択肢です。せっかくここまでたどり着いたのに、という気持ちがあるのは当然です。ですが美容師を目指して学んできた事は美容室でしか生かせないわけではありません。ファッション業界であったり、シャンプーなどの薬品業界でもその知識を生かす事は可能です。またどうしても美容師と言う空間が好きなのであれば、レセプションなどとして就職する事も出来ます。ヘアメイクを専門とする美容師になることも不可能ではないでしょう。美容師免許を持っていれば働き方は美容室で働くしか方法が無い、と思われがちですが、実際には他にも多くの選択肢があるようです。川越の美容院