アシスタントのやりがい

アシスタントのやりがい

辛い、厳しい、と言われている美容室のアシスタント仕事ですが、だからといって全てのアシスタントたちが辞めていくわけではありません。晴れてスタイリストに昇格して楽しく働いている美容師もいる訳です。ではその人達にとってアシスタント時代と言うのはただ辛いだけの時代だったのでしょうか。おそらくそんな状態ばかりではなく、何らかのやりがいの様なものがあったはずです。どんな職業でも同じですが、たとえ過酷な状況にあっても何かしら嬉しい事、やっていて良かった、と思う事があるはずです。アシスタントにとってはそれはやはりお客さまからの感謝のことばなのではないでしょうか。アシスタントがお客様と触れ合う時間と言うのは確かにスタイリストと比べると少ないかもしれませんし、アシスタントほど重要な役割を担っている訳ではありません。ですが初めてお客さまから「ありがとう」と言われた時の感動は忘れられない、というアシスタントは多いようです。またシャンプーなどを任されるようになると、誰でも「初めてのお客さん」と触れ合う機会が訪れます。その「初めての自分のお客さん」というのは本当に自分にとって忘れられない存在となる、と言われています。そういう経験を積み重ねることがアシスタントのモチベーションとなるのではないでしょうか。実際に自分が働くことになる美容室を選ぶ、という時にはどのように考えたらよいのでしょうか。中には何が何でもこの美容室で働きたい、という夢を持っている人もいると思います。長年その美容室で働くことを目標としていたのだ、という人はそれでも良いと思います。それだけの想いがあれば少しぐらいの労働条件の悪さは耐える事が出来るかもしれません。ですがそうではない場合、もしくは入りたい美容室が数件ある場合、どのようなことを見極めて、どう決断するべきでしょうか。注目しなくてはいけないのは労働条件の比較です。単純に給与を比較するだけではなく、交通費が出るかどうかも確認したいものです。毎日の通勤となると総額はかなり膨らむ可能性もおおきのです。休日に関しては言葉に惑わされずに結局月に何日休みを貰えるのか、という事と、それに加えてその休日に仕事関係の事でどれぐらい出なくてはいけないか、という事も確認するべきでしょう。結局その差が本当の自分の休日の日数となるわけですからね。また社会保険の有無も重要でしょう。特に近い将来結婚を考えているような人なら、きちんと確認した方が良いですね。どういう事に対しても「そうなのだろう」というあいまいな事ではなく、現実的にどういう生活になるのか、という事を想像してみる事が大切でしょう。川口にある美容院