バックヤードの設備

バックヤードの設備

食べるものを差し入れる時には、美容師さん達がおそらくその品を食べる場所となるバックヤードにはどの程度のものがあるか、という事も知っておいた方が良いですが、なかなか「冷蔵庫は有りますか?」とか「食器はどの程度ありますか?」など聞く機会はありませんし、聞くのも変に思われますよね。たいていの美容室なら冷蔵庫や簡単な食器類ならありそうなものですよね。お客さんにドリンクをサービスする美容室も多いですからね。ですが家庭で使うような大きなものが調理家電や冷蔵庫があるとはあまり思えませんから、できるだけ冷蔵庫の中に入れなければならないものや、電子レンジで温めたり、なにか調理をしなければ食べられないようなものは避けるべきでしょう。たとえ冷蔵庫があったとしても余分なものまで保存するスペースは無いかもしれませんしね。そう言った事を考えると、常温で長期保存できるもの、食器を使わなくても食べられるもの、というのが無難であることが解ってくると思います。美容室によってはバックヤードがとても狭いところも有ります。かさばる物も迷惑になる可能性もありますし、きちんとした間仕切りがされていない所であれば臭いのきついものなどはお客さんがいる店内にも迷惑をかける可能性があるので避けた方が良いですね。差し入れが食べ物以外である場合には、渡すタイミングというのは特に問題ないかもしれませんが、食べ物の差し入れをしようとする時にはどんな時間帯に渡すか、という事も気にしておいた方が良いでしょう。例えば昼食替わりに、と温かいものを差し入れようとするならば、当然朝一番とか午後から、というよりはやはりお昼前ぐらいにタイムリーに渡すのが良いでしょう。ただ美容師の皆さんは一般的な昼食時間に昼食を食べる事が出来る、という人は少ない様でどうしても前後してしまう様です。ですからたとえ時間がずれこんで、冷めてしまっても美味しくい食べられるようなものを選ぶ方が良いでしょう。さらに考えるならば持ち帰ってでも食べられる様なものの方が良いですね。遅い時間帯に渡すなら、いっそ閉店してからゆっくり食べてもらえるようなものでも良いかもしれませんね。いずれにしても食べるものを差し入れるのであれば、渡す時間帯によって賞味期限や温度管理の必要性などを考えたから何を渡すか考えた方が良いですね。差し入れを渡す時には他のお客さんの目やスタッフさんが忙しい時間帯なども気になる所です。せっかく差し入れるのですから迷惑にならないようなタイミングで渡し方が良いですから、予約する時間帯も考えた方が良いでしょう。差し入れを渡すためにタイミングの良い時間帯に立ち寄るのも良いかもしれません。岩槻 美容院

 

http://www.shiseido.co.jp/