美容師のマスク姿

美容師のマスク姿

美容師が花粉症の場合、お客さんに迷惑を掛けない、不快な思いをさせない、という事を一番に考えなくてはいけないでしょう。一般的に花粉症の症状を和らげるためには、できるだけ花粉に接触しない事が望まれます。そのために眼鏡をかけたりマスクをかけたりするのが普通でしょう。眼鏡は美容師が普段からかけていても問題は無いかもしれませんが、マスクは外見的に問題がある、と思う人も少なくないでしょう。美容師のイメージと言う物があって、美容師はおしゃれでなくてはいけない、という感じがしますよね。どう考えてもマスクをかけている姿が一般的にイケている、とは言えないかもしれません。ですから美容師のイメージを守るためにはマスクを着用しない事の方が大切かも知れません。そもそも花粉病の人がマスクをする理由は花粉を吸いこまない為でしょう。そうならば美容室内で花粉が飛ぶことがほとんどなければ、マスクを室内で着用する必要はないでしょう。普通に考えたら室内である美容師で花粉が飛ぶのはおかしな話です。ですが実際には美容室というところはお客さんの出入りがありますから、ドアの開閉も頻繁です。屋外からやってきたお客さんは外で花粉を浴びているかもしれません。そんなお客さんが来店すれば美容室の中に花粉が持ち込まれることになります。お客さんが悪い訳ではありませんが美容室の中に入る花粉症の人にとっては辛い場所となります。寒さがひと段落した頃は、やっと春らしくなるうきうきした気分になるのが普通なのですが、そうはいかないのが花粉症の人たちでしょう。これから長期間花粉との戦いが始まる、と思うと憂鬱になる人も多いものでしょう。花粉にあたらないように家で過ごすようにすることが出来ればよいですが、仕事をしている人なら当然職場まで通わなくてはいけませんし、花粉を完全にシャットアウトして過ごすことなど無理な話です。また接客業の人ならばお客さんに対して涙や鼻水に悩まされている顔でお客さんに対して接客しなくてはならないのは、本当につらい事でしょう。たとえば美容師はお客さんとの距離も近く、しかも刃物を持っている職業です。くしゃみをした瞬間にカットをしている手元が狂った、というような事は許されない仕事でもあります。だからといって美容師だから花粉症はかからない、という事は無く同じ人間である限り美容師だって花粉症になる人はいます。おそらく人一倍工夫や努力をしTえお客さんの前では花粉症の症状が出ない様に気を付けている事と思います。ですがどんなに自分の服や髪の毛に花粉が付かないように工夫していても、外から来店したお客さんの服や髪の毛に花粉が付いているのはどうしようもない事ですよね。行徳 美容室 求人 スタイリスト