美容師にとっての成功とは

美容師にとっての成功とは

美容師にとって施術の成功とはお客さんに満足してもらう事は勿論なのですが、もう一つ大切なのはそのヘアスタイルをお客さんが翌日からも維持できるかどうか、という事にもあるようです。もちろんシャンプーなどをするわけですから一度はスタイリングは崩れます。ですがその後お客さんがちゃんと自分で再現できるかどうか、という事もとても大切にしている美容師は多いようです。そしてそのことは残念ながら美容師は確認する事が難しいものです。よく「その後髪の毛の調子はいかがですか?」というようなハガキが美容室から送られてきたりするものですが、その時に本音を伝えてくれるお客さんと言うのは少ないと思われます。美容室でスタイリングをしてもらった時には良かったけれども自分でスタイリングをするようになったら扱いが難しくてうまく行かない、というのは美容師にとっては失敗の領域になるんですね。それはお客さんの満足度が長続きしていない、という事になるからです。ですから作ってもらってから数日後に、どうしてもうまくいかない、と思った時には、本当は美容師さんにその事を伝えて必要なら直しをしてもらう方が良いんですよね。そうする事で美容師の皆さんは今後どうするべきか、という対策を考える事も出来ます。そうやってお客さんとの信頼関係を築いていくことが出来るんですね。満足できなかったヘアスタイルを直してもらう、というのはどこの美容室でも出来るものなのでしょうか?実際には「お直し」に関する規則のようなものは存在しないようです。ですからその美容室が独自に決めている、という事になります。ですが「お直しは一切受け付けません」と言う態度ではその美容室はお客さんには受け入れられないと思われます。ですから多くの場合美容室では一定の条件を設けて「お直しをする」という事を言っていると思われます。ですがその条件や基準はその美容室によって違います。どんな場合でも気に入らなければ直します、という美容室も有ればその条件がかなり厳しい場合も有ります。ですからかなり高価な料金のメニューをお願いする時には、お直しに関する事もきちんと確認してからやってもらう方が良いですね。最初から美容師に向って「気に入らなかった直してくれるか?」というのはちょっと言いにくいと思うのでホームページなどで確認しておくとか、電話であらかじめ確認しておく、という感じが良いかもしれませんね。また条件として多いのはお直しを申し出る期限を設けている所がほとんどです。その期間内であればお直しを受け付けてくれる美容室がほとんどです。ですがその期間内とはいえ、やはりすぐに申し出る方が良いですね。江古田の美容院