どんな名前なら覚えやすいか

どんな名前なら覚えやすいか

では、みんなに覚えてもらいやすい名前、というのはどのような名前なのでしょうか。基本的に長い店名と短い店名では、圧倒的に短い店名の方が覚えやすいですよね。また聞きなれた単語なのか、珍しい単語なのか、といえば聞きなれた単語の方が頭に入りやすいですよね。そういった事を考えてみると、誰もが知っている短い単語が覚えやすい、という事になりますが、そこには落とし穴があると思うんですね。それは逆に良く聞く単語だから忘れてしまいやすい、という事です。つまりあまりにもありふれていて同じような名前の中に埋もれてしまうんですね。よくありがちなのが「ヘアサロン〇〇」という感じの美容室の名前は、その〇〇の部分は割と短めの単語を使っている美容室が多いものです。そこそも「ヘアサロン」の時点でとてもありがちな美容室の名前となっているので、そのあとの〇〇の部分にかなり印象的な文字が来なければ、逆に覚えにくくなります。人々が「覚えやすい」と思うのは「覚えられる範囲の長さや音であること」であると同時に「少し印象的で他には無い感じの名前である事」の両方が必要だと思うんですね。逆に考えれば、自分が今すぐに思い出せる美容室の名前とはどんな名前なのか、と考えてみると解りやすいかもしれません。どんなお店の名前でも言えることですが、人々の記憶に残る名前を付けなければ集客には繋がらないと思われます。もちろんオーナーや店長さんにはそのお店に対する思い入れがあって、こだわって名前を付けるのも良いのですが、それを覚えてもらう事が出来なければ集客を考える時には覚えにくい名前はかなり不利である、と言わざるを得ないでしょう。印象に残る店名と言うのは、たとえば発音しやす名前、という事がいえるかもしれません。美容室の名前は最近はアルファベット表記とかカタカナ表記のものが多いのですが、一般的に発音しにくい名前と言うのは、憶えづらいものがあります。カタカナ表記で言えば濁点が多いとか、小さな文字が多いとか、という感じでしょうか。アルファベット表記であれば、まずは「読めない」と言う事になるとなかなか覚えづらいですよね。逆にあまりにもよくつかわれている単語も印象に残り辛い、という事があるかもしれません。読みやすく発音しやすく、だけども他にはない店名、という事になるでしょうか。逆に「まったく美容室らしくない」と言う店名も印象に残るかもしれません。名前を付ける人にとっては、こだわりを捨ててまで見る人の事を考える、というのはちょっと残念かもしれませんからそのあたりの兼ね合いが難しいですね。府中 美容院

 

http://www.esteelauder.jp/