冬の紫外線は侮らないように

冬の紫外線は侮らないように

冬の肌は夏の肌に比べて紫外線に対して耐性が弱く、日焼けをすると簡単には治らなくなります。特に乾燥肌で悩まされている人は紫外線に弱いためダメージも当然大きくなります。肌が焼けなくても紫外線の影響は肌の内部にまで届くため自分では気が付かなくても肌は傷んでいます。そしてそのダメージは年齢を重ねてからシミやシワとなって現れるのです。冬は夏ほどではありませんが紫外線が降り注いでいます。冬位の紫外線量なら肌に対してそれほどのダメージにはならないと考えている人もいますが、紫外線のダメージは蓄積されます。つまり弱い紫外線でも当たれば肌に影響を与え、浴びている時間が長くなるほど肌は傷んでいくということになります。夏に比べると3分の1程度まで弱くなるといわれていますが、浴びている時間が3倍なら夏と同じ影響を受けるわけです。しかも冬は紫外線に対して肌が弱いため影響は夏以上になる可能性もあります。アンチエイジングのためには冬の紫外線対策も忘れてはいけない重要なポイントになります。雪の降った日は雪の反射によって全身に紫外線の影響が行くようになります。雪が降った日は特に入念な紫外線対策を行うようにするといいでしょう。日焼け止めを日焼け止めを使った後にはしっかりと洗い流すようにしてください。そのまま放置していると肌の乾燥が進んでしまいます。乾燥しやすい冬は日焼け止めとの付き合い方がとても重要になります。メリハリをもって使うように心がけてみてください。日焼け止めは冬でも活躍します。紫外線は夏も冬も降り注いでいるため紫外線対策は常に必要になります。日焼け止めを使うときに注意したいのが選び方です。紫外線にはUVAとUVBという二つの紫外線があり、日焼け止めはその二つの紫外線をどれだけ防ぐことができるのか見てわかるようになっています。UVAはPA、UVBがSPFで効果の高さが表されます。PAは+の数で強さがわかります。+が多いほど効果が高いということになります。SPFは数値で強さが分かり、数値の高いものほど効果が高いことになります。スキー場に遊びに行くときにはSPF、日常生活で紫外線対策をするときにはPAで選ぶようにするといいかもしれません。日焼け止めを使うときには使い方に注意が必要です。例えばSPF50の日焼け止めを使うとき、その効果時間は1000分、約16時間となります。これは素肌で日焼けが始まるまでの時間を20分として、その何倍伸ばすことができるのかという目安の数字になります。そのためSPF20なら20分の20倍、400分は効果が続くということになります。効果時間は目安となり、実際には汗などの水分で効果は薄まるというのが一般的です。そのためSPF20の日焼け止めを使ったから400分経ってから塗り直せばいいというわけではなく、早めに塗り直ししていく必要があります。日焼け止めを選ぶときには外出している時間を考えたうえで選ぶと肌にも負担がかからずに効果的な紫外線対策を行うことができるようになりますよ。美容室 吉祥寺 ヘアサロン カット 白髪染め 当日予約 おすすめ 人気