ヘアカラーを失敗した、感じた時

ヘアカラーを失敗した、感じた時

ヘアカラーに挑戦する時には、どんな髪色にしようか、と考えるところからワクワクしてしまうものですよね。素敵な髪色になった自分を想像するだけで嬉しくなってしまう事でしょう。ですがそんな期待感が大きい分、仕上がりに対してもシビアになっていると思うんですね。思ったいた通りに仕上がらなかった場合の失望感や焦りはかなりのものだと思うのです。それは髪色の微妙な違いが人の印象をがらりと変えてしまう事を知っているからでしょう。こんな色では会社に行けない、学校でどう思われるだろう、とかなり落ち込んでしまう人も多いと思います。ではそんな時にはどうすればよいのか、と言うと多くの人が取っているのは残念ながら「諦める」という事だと思うんですね。確かに美容室では「お直し」という対策を設けています。一定期間内であれば染め直しをしてくれる、という美容室が殆どです。ですがそれには当然また時間がかかりますし、そもそも美容師に対して「気に入らなかった」「治して欲しい」と言い出す事がなかなか出来ない、という事があるようです。また染めた直後は気に入っていても、数日内に髪色がさらに明るくなってしまった時に、だんだんと「こんなはずじゃなかった」と思う人も多く、悩んでいるうちに染め直しの期間を過ぎてしまった、という事も多いようです。ヘアカラーを変える、というのは多くの人が体験する事ではありますが、実はカラーリングをする事はかなりの冒険であり危険が伴っている行為である、という事をもっと自覚するべきだ、と思う事も良くあります。そもそも生まれ持った髪色を人工的に換えてしまうのです。これはかなりすごい事ではないか、と思うんですね。大袈裟に言えば髪の毛が本来あるべき姿を無理矢理変える訳ですから、その負担も大きければ見た目の印象も大きく変化する事を覚悟しておかなくてはいけません。そして何よりも覚悟すべきなのは、一度染めたら元の色に戻す事はかなり難しい、という事です。本当は「戻せない」と覚悟を持ってカラーリングをするべきなのでしょうか、これだけカラーリングが一般的になっている状況ではその覚悟をしなさい、といっても難しいかもしれません。かつては髪を染めている、と聞くと、なにか事情があるか、よほどオシャレに興味のある人か、遊んでいる印象の人なのか…という感じで、そんなに良い印象ではありませんでしたが今ではカラーリングをする事は一つのオシャレとして一般的になってきました。それと同時に髪色を変える覚悟も薄れてきている様な気がしますね。そしてカラーリングをした髪色が気に入らなくて、「染め直したい」と思う事もかなりハードルが低くなってきているように思われます。小岩駅 美容室 求人 スタイリスト