配慮した服装

配慮した服装

美容室と言う所は髪を切る所です。そうなると美容師さんへの配慮として考えられるのは、髪を切るときに邪魔にならないような首回りにしておくべきではないか、という事です。一番ありがちなミスはハイネックや襟が高い服装です。美容師さんはお客さんがどのような服装をしていようとも、それについて文句を言ったり、だから今日はカットは出来ない、というような事は絶対にしませんが、明らかに首回りが開いていない、または開けにくい服装と言うのは困るものでしょう。もちろんお客さんが服にカットした髪の毛が付いてしまっても全く気にしない、というのなら別ですが、そんなお客さんがいるはずもなく、逆にハイネックの部分にカットした細かい髪の家が一本でも刺さっていたら、恐らく不快で文句を言うお客さんの方が圧倒的に多いと考えられます。ですがそれは自分自身で避ける事が出来ることですよね。美容室へ行くときには、そういう事が起こりうることを想定して、少なくともハイネックの様な首回りが複雑になるような服装は避けていくべきだと思います。またもう少し配慮するならば服装の素材にも気を付けた方が良いです。目の粗いニットの素材だと、髪の毛が奥まで入り込みやすいです。髪の毛が付いたとしても払いのけやすい素材の服を選んだ方が良いですね。「最低限のマナー」と言われると、どの様な事を思い浮かべるでしょうか。日本人特有の気質かもしれませんがこの国においては「時間を守る」と言う事が重視されます。約束した時間に遅れたり連絡もせずに約束を破ってしまう、という人は社会においては信用されないものです。美容室とお客さんの関係においてもそれは言えると思います。美容師と言う所は基本的に予約をして来店するものです。予約をする、という事は「この日時に行きますね」「この日時に来てくださいね」と言う美容室とお客さんとの約束です。その時間が守られない、という事は美容室側にとってはとても迷惑です。予約をしているのは自分一人ではありません。美容室ではお客さんの予約を管理し、その日のスケジュールを立てています。一人のお客さんがそれを乱してしまうと、他のお客さんにも迷惑がかかりますし、美容室としても混乱が生じます。ましてや連絡をする事も無く、その日の予約をすっぽかす事はとても迷惑な行為です。それは美容室の売り上げにも影響してくるからです。一度ぐらいならば許されるかもしれませんが、何回もその様な事があると、美容室側から予約を断られる、いわゆる「出禁」となる事もあり得ます。予約をしたらその時間はきちんと守る、守れなくなったら必ず事前に連絡する、という事は最低限のマナーでしょう。八潮にある美容室