自分自身を知る

自分自身を知る

就職先の美容室を考える時には、結局「自分自身について考える」という機会を多く持つことになると思うんですね。同じ美容師でも自分が得意な施術はなにか、という事もわかっていないと、どんな美容室を選ぶのが良いか、という事もあいまいになってきます。美容室の方では何でもやらせてみよう、と思っているかもしれませんが、自分自身が自分の腕に自信が無くてなかなか思い切って働く事が出来ない、という状況になってはいけません。自分は何が出来て、何が得意で、何が苦手なのか、という事をまずすぐに相手に伝えられるように思い出したりまとめておかなくてはいけないと思うのです。とかく自分の事というのは解っている様で具体的には説明できないもので、なんとなくそれでいいか、と思って就職したらとんでもない仕事を任されそうになった、という人も意外と多いものです。就職や転職を考える時には良い機会なので自分自身の事をゆっくり振り返ってみるとよいでしょう。たとえば美容師として働いていたり、練習したりしている時に、自分が楽しい、やりがいがある、と感じるのはどういった時でしょうか。そういう時間をその美容室で得る事が可能でしょうか。自分に合う美容室を探すためには、自分がどの様な美容師でどのような美容師を目指すのか、という事をじっくりと見つけ直す事が必要でしょう。新人の美容師として、職場探しをする時にはその美容室の雰囲気とか労働条件と言った事で決める事が多いと思うのですが、ぜひ見極めておいてほしいのは、その美容室で働く事で自分が成長できるかどうか、という事だと思うんですね。それは自分の努力次第なのでは?と思うかもしれませんが、美容室によってアシスタントや見習いの教育の仕方はかなり違っているのが現状です。アシスタントや見習いと言うのは、仕事内容としてはまずは雑用です。その後シャン―をやらせてもらえるようになると思うのですが、肝心なのはそこからで、頑張ればスタイリストになれる、と多くの新人の皆さんは思っているんですね。ところが努力したから、一定の結果を出したから、といってスタイリストに昇格させてもらえるとは限らない事もあるんです。たとえばその美容室にはすでに多くのスタイリストがいる場合、お店的にはこれ以上スタイリストが増えるよりも雑用をこなしてくれるアシスタントがいてくれた方が助かるケースも多いのです。スタイリストの手前まで出来るようになっているアシスタントは、アシスタントとしてはかなりの実力だ、と言えるでしょう。つまりアシスタントのままでいてくれた方が都合が良い、という事があるんですね。そういうお店の事情ではなくきちんとスタッフの実力を見極めて昇格させてくれる美容室かどうか、という事を出来るだけ極めておきたいものです。小岩 美容室 求人 スタイリスト