自分の意思を持つ

自分の意思を持つ

美容師のみなさんがお客さんの困った態度としてあげるのが「お客さんが、自分がどうなりたいか、という意思を持っていない」と言う事があるようです。美容師の皆さんはお客さんが「こんなヘアスタイルになりたい!」と思っている事を現実にしてあげる事に喜びを感じているものです。お客さんが満足してくれる事がいちばんなんですね。もしかしたらお客さんが希望するヘアスタイルはお客さんの髪質やこれまでの履歴によっては難しい場合があったり、お客さんが望むスタイルを少しアレンジをした方がより良い仕上がりになる、言うケースにはプロの目から見た提案をして、お客さんが納得できるようにカウンセリングをするものです。その過程にはどんなスタイルであれ「キレイになりたい!」というお客さんの気持ちが感じられるもので、それが美容師にとってはやりがいとなるわけです。ですがお客さんの方にそれが感じられない、というのは美容師としても残念です。たとえなりたいスタイルが決まっていなかったとしても「美容師さんのセンスに任せたらどんなスタイルになるのか楽しみ!」という前向きな人もいます。それはそれで美容師としても腕の見せ所なのですが、まったくそういうワクワク感を持たないお客さんと言うのは、美容師としても困ってしまうかもしれません。こんな自分になりたい、という気持ちを持つことで美容師さんにはやる気が沸いて来るものなのかもしれません。美容室に行くときのマナーというのは、人として最低限「相手に迷惑をかけない」と言う事を基準にすれば自然に解ることではないでしょうか。困らせない、嫌な気持ちにさせない、という感じですね。ですが美容師とお客さんの関係は信頼関係の上で成り立っていると思うんですね。お客さんの方が美容師の事をはなから見下していては、美容師だっていい気持ちに名なりません。逆に美容師の方がお客さんを見下していても、お客さんはいくら相手がプロだと言ってもいい気持ちはしません。美容師は基本的には「お客さんをキレイにしてあげたい、満足してもらいたい」という気持ちを持っています。お客さんも当然そうなりたい、と思っている訳で、そうなるためにはどうしても美容師の技術とセンスが必要なんですね。ですから美容師の皆さんに対して、すべてをさらけ出すぐらいの気持ちで自分の髪の毛を美容師さんに預ける事が大切だと思うんですね。ですが最初から絶対的な信用を置く事が出来る、という美容師さんも初来店であればなかなか出会えるものではありません。何度か施術をしてもらっているうちに美容師さんの方もお客さんのクセや好みがわかってくるものです。焦らない事、美容師に対して正直になる事、それが美容師と良い信頼関係を築くコツかもしれません。清澄白河 美容院