自分の事ばかりしゃべられると辛い

自分の事ばかりしゃべられると辛い

美容師から質問攻めにされるのは不快だ、と思っている人は多いと思いますが、逆に美容師が一方的に自分の事ばかりしゃべるのを延々と聞かされるのも辛い、と思っている人も少なくないでしょう。そう言ってしまえば美容師は「では何をしゃべればよいのだ」と思ってしまうかもしれませんが、確かに美容師ではなかったとしても自分の事ばかりしゃべる人との会話はあまり楽しいものではありません。それが次の展開が聞きたくなるほどに話術のある人の話ならば聞いていて飽きないかもしれませんが美容師も噺家ではないので、そこまでしゃべりの上手い人と言うのは滅多にいるものではありません。時分の事を延々と話す、特に自慢ともとれるような事を話し続けられるのは、面白い話ではありませんし、同調したりほめたりしなくてはならなくなるのでお客さんの方が気を使う、というケースもよくあるようです。お客さんの方もお金を払って待て来店しているのですから、話の面白くない美容師であれば話をしなくても良いのですが、「そうはいかない」と思っているのはむしろ美容師の方かもしれません。なんとしてでもお客さんを楽しませるぞ、というような意気込みは逆にその人の話を面白くないものにしてしまいがちですよね。多くのお客さんが気にするのが行きつけの美容室が決まっているにもかかわらず「他の美容室で切ってしまった」という事だと思うんですね。いくら行きつけがあったとしても何らかの事情で他の美容室へ行かざるを得ない事は誰にでもあります。もしも別の美容室へいったとしたら、それはいつもの美容室にばれてしまう事なんでしょうか。実際には多くの美容室ではお客さんにたいしてカルテを作成しているので、それをみれば他の美容室で何らかの施術をした事は解ってしまいますし、担当美容師が長年変わっていないような時には、美容師は一目見て自分のカットではない事に気付く事もあるでしょう。ですがその事を美容室は咎めたりするでしょうか?実はお客さんがとても気にしていている程、美容室側は何とも思っていない事が多い様なんですね。良く考えてみたらたとえ他の美容室へいったとしても、結局元の美容室へ戻ってきてくれている訳ですから、その美容室をお客さん自らが選んだことになります。ですから元の美容室側が嫌な思いをすることなど何もないはずなんですよね。もしも何度か別の美容室に入った形跡があって、結局そのお客さんが姿を見せなくなった、というのであれば、お客さんにしてみれば別の美容室の方が魅力的だった、という事であり美容室側がお客さんを責める理由は何もないはずですよね。大島 美容室 求人 スタイリスト

 

http://www.angfa-store.jp/