自分の未来

自分の未来

美容室としては当然のことながら長く働いてくれる人を求めているはずです。転職組であるならばある程度の年齢である人に対しては、自分の片腕となってくれる人を求めるケースも有ります。そういう時にはただ自分の技術を磨く事だけを考えている美容師ではなく、自分の未来をきちんと描くことができる人の方良い、と感じる事でしょう。自分の未来を描くことができる人、というのはそれだけ向上心がある人、というイメージにもつながります。いまの自分は何が出来て、何が弱点で、そこをどう克服して、将来的には美容師として何をするつもりなのか、と言うところまできちんと描いている人、というのはそれだけで前向きなイメージがあります。きちんと自分のことばで、自分の未来を語ることができるようにしておきたいものです。この質問に関しては新人のみなさんでも問われる可能性があります。漠然と「頑張りたい」というよりも「必ず〇年以内にスタイリストデビューをします」と宣言できる人の方が印象が良いですね。チェーン展開している様な美容室であるならば、「〇年後には一つの支店を任せてもらえるようになりたい」と言うのも良いでしょう。夢や目標をきちんと持って語ることができる若者、というのは美容室にとっては好感が持てることでしょう。新人の美容師ではなく、経験者であったり自分のスキルアップのための転職で会ったりする場合には、面接では難しい問題を出される事も考えられます。例えば漠然と「美容業界の今後についてどう思われますか」というような質問です。経験のある美容師、特にベテランの領域となる美容師を採用する、という時には新人とは違ってそれなりに給料も高く設定するはずです。その意味はそれだけその美容室にとって、またはもっと広くこれからの美容業界において、この美容師の活躍を期待したい、という思いがあるからに違いありません。ですからそういう場合の面接ではそのような難しい質問で自分物を見極められることも少なくないでしょう。それは単純に自分の技術だけを磨いている美容師ではなく、美容室の事、お客さんの事、そして業界全体の事までアンテナを伸ばしているか、という事を求められるからでしょう。自分なりの持論は持っておく方が良いですね。ですがあまりにも偏った考え方であったり、自分の意見が絶対だ、というようなニュアンスになるのは良くありませんね。それよりも誰も思いつかないような視点や、アイディアを披露する方が良いのではないでしょうか。この人と一緒に美容業界を盛り上げたい、と思ってもらえるような答えが良いでしょう。池袋 美容院