自己紹介

自己紹介

どんな会社や企業でも採用されたい、と思った時には「面接」と言う場が必ずあると思います。美容室で美容師として働きたい、と考える時にも同じです。むしろ企業の採用試験よりも面接が採用を左右する割合は大きいのではないか、と思われます。ですから面接対策はとても大切になってきます。新人として面接を受ける場合も転職をするための面接でも、基本的には注意すべきことは同じです。共通して言えるのは多くの面接では「自己紹介」を求められることです。新人ならば学校名と名前、転職の場合には直前まで勤めていていた美容室などの名前と自分の氏名をまずははっきりと述べる事が大切ですね。この一言でいわゆる「第一印象」が決まってきます。はっきりと面接官の目を見て明るい声で述べる事が出来るかどうか、という事が大切でしょう。美容室は技術職でもありますが、半分は接客業である、ともいえるでしょう。お客さんと接する時の第一印象は大切です。そのあたりから美容師としての資質を見られている、と言ってもよいでしょう。またいくら自己紹介の場を与えられた、といっても美容室とはまるで関係のない話をするのはよくないでしょう。伝えたい事を簡潔に、最後は「宜しくお願いします」などのことばできちんと締めくくると印象が良いとされています。美容室で働こう、としている人なら国家試験に合格した人だあろうとも、働くお店を変えようとしている人でも採用試験を受けなくてはならないことが殆どだと思います。美容師として採用されるための試験と言うのは多くは面接があります。履歴書など見た採用担当者が本人と話をしながら採用するかどうかを判断する場です。多くの美容室では学科試験の様なものは課さない所が多く、その代わりに面接がかなり重視される様です。ですから美容師として採用されるためには面接対策をしっかりとしておかなくてはならない、という事になるでしょう。新人の採用面接の場合には、恐らくそれまでの経歴と言うのは他の人とさほど差が付かないかもしれませんから人物像が重視される事でしょう。転職の場合にはそれまでの美容師としての実績、職歴なども問われます。どちらにも共通して言えるのは、その面接のやりとりで採用担当者がどの様な印象を受けるか、という事がいちばん大切ですし、面接のチャンスは一度しかなく、やり直しは聞かない、という事でしょう。面接に臨むときには、まずは「良い印象」を面接官に与える事が大切です。これは逆に自分が面接官だった場合に、その受け答えや態度をどう思うか、と考えたら対策しやすいかもしれません。どうやったら印象が良いか、という事よりもまずは悪い印象を与えない事が大切でしょう。中目黒 美容院