持参した本を読む

持参した本を読む

美容室でお客さん向けに用意してある読み物、というのは多くが週刊誌や情報誌、ファッション誌です。ですがそれらの本を読むのは好みではない、という人もいます。せっかく本を読む時間があるのであれば自分の好きな本を読みたい、という人もいますね。特に忙しい毎日を過ごしている人なら、ボーっとしているぐらいならその間に読みたかった本を読みたい、と思う事でしょう。ですから自分で読みたい本を持参する人もいます。時には本まで持ち込んでこのお客さんは美容師と話をするのが嫌なのかな、と思われてしまう事もあるかもしれませんが、美容室の待ち時間すら自分にとっては貴重な時間だ、という価値観を持っている人もいます。せっかくの時間を自分が好きなように使うのも悪くは無いですよね。最近ではスマホで電子書籍を読む事もできますから便利ですね。時には美容師から「何の本を読んでいるのですか?」と聞かれる事もあるでしょう。そこでもしも美容師も好きな作家の本であったり、興味のある分野の本だったりすると、そこから美容師との距離が縮まることもあるかもしれませんね。自分が好きな本であれば読む事に夢中になり過ぎて、美容師に話しかけられたことにも気づかなかった、というような人も時にはいるようですね。多くの人が美容室で時間つぶしにしている事と言えば、スマホをいじっている事ではないでしょうか。スマホが普及し始めてから人々は時間さえあればスマホを見るようになった気がしますね。要するに小さなパソコンを持ち歩いている様なものですから、ネットサーフィンの様な事がいつでもどこでも出来るようになったわけです。美容室での待ち時間も例外ではないでしょう。スマホだけを身に付けて他の荷物を預ける人も少なくありません。実際には美容師と会話をするのが面倒だったけれども、スマホを持つようになってからはスマホを見ていれば話しかけられることも無いので助かる、という人もいるようです。他の場面でも同じかもしれませんが、こうやって人と人との会話が減っていくのだな、と少しさみしくも感じますが、そもそも美容室での美容師との会話というのがあまり楽しくも無く、有益でもなく、ただの営業トークに過ぎない、と感じている人にとっては、スマホが良い助け舟となってくれている事は間違いないでしょう。ですが最近では美容室側がアプリやラインなどでお客さんとつながる工夫をしている所も多く、スマホの存在は美容室としても欠かせない存在になっている事は確かですよね。ただ雑誌と同様に美容師との距離が近いと、何を閲覧しているのかばれてしまいそうで気になる、という人も少なくありません。辻堂の美容院