会話をしなくてはいけないの?

会話をしなくてはいけないの?

美容室へ行くのが嫌だ、と思った経験がある人に何が原因だったか、を尋ねると多くの人が「美容師との会話が嫌だ」と答えるようです。それならしゃべらなかったらいいじゃないか、と思いますがこの問題に関してはそもそも美容師とそのお客さんとの相性という事もあり、なかなか解決が難しいものと思われます。ですが美容室の方では確かにお客さんとここR非良い会話をするために色々な教育をしたり、研修を行ったりしている様なのですが、実際には会話を望んでいないお客さんも多く、そういう現状も把握しているはずなんですね。お客さんは「こんなに会話を苦痛に思うのは私の性格が悪いから?」と思ってしまうかもしれませんが、実際には美容師はお客さんに楽しい時間を過ごしてもらいたい、という事しか考えていないと思うんですね。お客さんが憮然としていれば自分の会話が楽しくないからか、と美容師の方も悩んでいる可能性もあります。ですからお客さんの方も、話をしたくないと思って言えるお客さんは他にもたくさんいて、話したくないと言うアピールをする事も失礼な事ではない、という認識でいる方が良いですね。たとえば本を出して読んでみる、とかスマホを使ってみる、という態度を示せばそれは「静かにしていてください」というサインになります。美容師の方もそのようなサインなら嫌な気持ちにはならないでしょう。美容師との会話はそんなに嫌でない、と思っている人でも美容師からあれこれ質問されるのは嫌だ、と感じている人は多いのではないでしょうか。美容師も初めてのお客さんであればそのお客さんの事を知りたい、と思うのは当然ですし、その会話の内容を参考にしてよりお客さんに似合うヘアスタイルを考えたい、という気持ちもあるのでしょう。ですが「お仕事はどういった関係ですか」「お休みの日は何をされていますか?」などとプライベートな事を次々と質問されるのは、気持ちの良い事ではないでしょう。いくら今美容室へ通っているからと言って、その美容師と今後親しくする可能性はありませんし、ましてや美容室以外で会うことなどあり得ません。そんな相手に自分の私生活を尋ねられるのは気分が良くない、という人は多いのではないでしょうか。たとえばそれが話の流れであればよいかもしれませんが、唐突にあれこれ質問されることは不愉快だ、と思っているお客さんは少なくないでしょう。おそらくそのように感じているお客さんは多いと思われますから、答えたくない事に対しては応えなくても良いですし、あまりにも不愉快な思いをした時にはアンケートなどに書いても良いでしょう。そういう事はきちんと伝えなければおそらく同じ不愉快な思いをするお客さんが出てくるはずですからね。新小岩駅 美容室 求人 スタイリスト