加齢とコラーゲンの関係について

加齢とコラーゲンの関係について

肌の老化にはコラーゲンの減少が大きな影響を与えています。コラーゲンのピークは20歳といわれ、20歳を超えると減少に向かうといわれています。60歳を迎えるころには25%も減少しているといわれ、そのためにしわやたるみが目立つようになるのです。さらにコラーゲンの減少に加えてコラーゲン自体も質が低下していきます。活性酸素の働きによってコラーゲンは壊されていきコラーゲンとしての働きを十分に発揮できなくなります。コラーゲンの生成も邪魔するため、質の低下を防ぐことはできなくなります。コラーゲンは糖化によっても壊されていきます。糖尿病の人はもちろん、普段から糖質を摂りすぎているという人もコラーゲンの質が低下している可能性があります。加齢による老化は仕方ないとあきらめてしまいがちですが、少しでも若さを保っていたいと思っている人は活性酸素の原因となるストレスを溜めないようにすること、コラーゲンの摂取量を意識して食生活を送ること、糖質の過剰な摂取を控えることで改善できます。コラーゲンは美容のためだけでなく体のいたるところで必要になります。関節の動きをなめらかにして丈夫な血管や骨を作るためにコラーゲンが必要となります。美容と健康の両方にとって重要なコラーゲンは少しでも体から減らさないように努力していくことが今後の人生を送るうえでの課題になるかもしれません。年齢によるコラーゲン不足からの老化はちょっとした意識と心がけで改善できるのです。女性を悩ます美容の問題はたくさんありますが、むくみもその中の一つです。朝起きたら顔がむくんでいた、仕事が終わるといつも足がむくむなんて悩みを抱えている人は多いと思います。むくみの原因にはいくつも原因があるといわれています。そもそもむくみは血液の流れが悪くなり、血液の中の水分が一つの場所にとどまってしまうことで起こります。血液の流れが正常ならむくみの悩みも起こらないでしょう。むくみと特に関係が深いといわれているのが塩分の取りすぎです。人間の体の水分バランスはナトリウムとカリウムのバランスで成り立っています。どちらかに偏ってしまうと体には問題が起こります。ナトリウムを摂りすぎてしまうと余分な水分を体の中にためてしまいそれがむくみとなってしまいます。利尿作用をもたらし体の中の余分な水分を排出する効果のあるカリウムが必要になってくるのです。ナトリウムとカリウム、二つのミネラルのバランスを整えてあげることがむくみ解消につながります。現代の食生活では塩分の過剰な摂取が問題視されていて、そのことがミネラルのバランスを崩しむくみ安い体を作ってしまうことになります。食生活の中で塩分の取りすぎを感じている人は意識して量を減らしていくとむくみの問題も解決できるはずです。塩分の多く含まれている食べ物はたくさんありますが、特にラーメンやうどんなどの麺類、漬物、豚肉加工食品といったものが塩分の過剰摂取につながりやすくなります。食べるときにはバランスを考えていくようにするといいですよ。菊川 美容院