これまで頑張った事

これまで頑張った事

特に新人の面接で良く聞かれる質問に「学生時代に頑張った事を教えてください」という質問があります。定番中の定番なので誰もが答えを準備している事と思います。ここで気を付けなくてはいけないのは、この「誰もが答えを準備できる質問」であることですね。つまりライバルたちもみな上手く話す事が出来る質問だと言う事です。そのなかで自分の答えが面接官の印象に残るかどうか、という事を考えなくてはいけません。一番求められているのは「どのように頑張ったのか」と言う事でしょう。頑張った内容は誰もが「美容室、美容師に関する事」と考えるかもしれませんが、実際にまだ美容師として働いてもいない新人にとってはそういう事に結び付けるのは返って難しい事でしょう。無理にそういう内容の答えを考えるよりも、素直にボランティア、アルバイト、家事手伝い、一人暮らし、などといった内容でも構わないと思います。そこで「どの様に考えて、どの様に頑張って、その結果どう感じたか」と言う事を簡潔に、面接官に解りやすく応える事が肝心だと思いますね。どうやって問題を解決するか、どうやって困難を乗り越えるか、という事は社会人になるときに一番必要とされることです。「この経験を美容室でも生かす事が出来る」という内容だといいですね。なぜこの美容室の採用面接を受けるのか、という事は必ず自分の考えを持っておかなくてはいけない事です。多くの面接で志望動機というものが質問としてありますが、この質問の内容は、おそらく今回の面接において自分の柱となる部分だ、という事を意識しておいた方が良いでしょう。そのほかの質問と、この志望動機の部分がずれていると、確実に「面接のための答えを用意して来たな」と言う事になってしまいます。この美容室で働きたい、と思った素直な気持ちをきちんと言葉にできるようにしておくと、自然と他の質問が来た時にも、この志望動機をベースとして答えることが出来るでしょう。そうはいっても現実にはその美容室の魅力がどんなものか、というよりも、とにかく働く場所を!とせっぱつまった気持で面接を受けるケースもあるでしょう。そういう時にはその美容室を希望する理由をきちんど自分でまとめて、自分自身が本当にそう考えている、と自分に言い聞かせて面接に臨まなくてはいけないでしょう。志望動機を見つけるには、採用に応募する前にその美容室を訪問してみるのが良いですね。そこで魅力を見つける、という事でスムーズに志望動機を導き出す事が出来ると思われます。美容室を訪問していた、という事も面接官の印象を良くするに違いありません。美容院 ヘアサロン 綱島駅 カラー デジタルパーマ 人気 口コミ 予約