同じ店で直してもらう時の危険性

同じ店で直してもらう時の危険性

美容室での施術に対して満足がいかなかった時に「お直し」をお願いしよう、と考える時には、その原因が何であるか、という事によっては同じお店にお直しをお願いするのは危険なのではないか?という考え方も出てくると思われます。例えば自分の思っていたのと美容師の捉え方がちがっていたために起きた問題であれば、もう一度よくカウンセリングをする事で本当に求めるものを美容師にとことん説明する事も出来るかもしれません。ですがそもそもそのヘアスタイルを作る技術が不足していたからその様な事態に陥ってしまったのであれば、同じ美容師にお直しをお願いするのは、同じ結果になる可能性もすくなからずあるでしょう。医療の分野ではセカンドオピニオン、という言葉がありますが、この仕上がりはおかしい、と思った時に別の美容室へ行ってみる、というのも一つの方法ではあります。もちろん長年その美容師と信頼関係を築いてきたのであれば、当然その美容師にお願いするのが筋ですが、例えばキャンペーン中に安い料金に惹かれて初めて行ってみた美容室で起こった事であれば、安さゆえの原因が存在した可能性もあります。パーマやカラーであれば、定評のある美容室でもう一度相談してみるのも一つの方法かもしれませんね。パーマや縮毛矯正のかかり具合に対して満足がいかなかったのでお直しを考える時には、カラーリングと同様にさらなるダメージを与えることになる、という事を忘れてはならないでしょう。時には一度ストレートパーマをかけてから再び直す、という方法を取ることもあります。そこまでするというのは必ず髪への負担は増えます。パーマの仕上がりが気に入らない、と思った時には、それがパーマのかかり具体の問題なのか、スタイリングの問題なのか、という事をまずは見極めた方が良いと思います。また多くの美容師はパーマをかける時には、多少はパーマが落ちる事を想定して、落ち着いた時期にお客さんが求めたかかり具合になるように調整しているものです。ですからその事も念頭に置いて掛け直す必要があるのかどうか、という事を美容師と相談しながら見極めた用が良いですね。ですかが気に入らない、と思った時にはまずは美容師に相談してみるのがいちばんです。美容師も気に入らない、と思いながらお客さんが日々を過ごしている、というのは本望ではありません。一度お直しの相談のために来店してもらえば、何が問題なのか、という事が解るかもしれませんし、神への負担を最小限に抑えた解決方法を見出す事ができるかもしれません。三軒茶屋 ヘアサロン