美容室はお客さん優位か

美容室はお客さん優位か

美容室と言う所は料金を支払って自分のヘアスタイルを作ってもらう所ですから、料金を支払う、という面では確かにお客さんは堂々としていて良いところではあります。ですが一方では美容師さんはその道のプロであり、お客さんの体の一部を扱うわけですからお医者さんと患者さんの関係と同様で、自分の大切な髪の毛を美容師に預ける限りは、美容師の機嫌を損ねたり困らせるような事をしてしまっては自分の髪の毛が大変な事になってしまう、という危機感もあります。美容師さんと気持ち良く付き合えるかどうか、という事は自分のヘアスタイルの仕上がりにも影響する、という事も懸念されます。本当はお客さんの態度によって美容師が態度を変えることなどあってはいけない事なのですが、美容師だって人間です。どうにもこのお客さん態度は腹に据えかねる、というような事もあり得ます。そうなってくるとお客さんの中には美容師さんに対して気を使ってしまい、言いたい事も言えなかったり、美容師の言いなりになったり、というケースも出てくるかもしれません。美容室と言う場所はお客さんにとっては「私達は料金を支払っている」と言う優位な立場を求める人もいますが、一方では美容師は常に自分よりもオシャレでセンスも有り「この人の言う事を聞かなければならない、機嫌を損ねてはならない」という気持ちにさせる場合もある、複雑な関係と言えるでしょう。どんな時でも同じですが、人と人とが関わるときには、たとえそれが師弟関係であったとしてもマナーと言うものがありますね。最低限人を不愉快にさせるような態度は避けるべきです。美容師とお客さんの関係においても同じでしょう。最近では美容室と言う場所がどんどんお客さん優位になってきている様な気がします。それは美容室の件数がとても増えてきているので、お客さんの方が美容室を選ぶ時代になったから、ともいえるでしょう。美容師の方が下手に出て、一生懸命客さんにサービスをしたり、お客様は神様、と言わんばかりの低姿勢で仕事をしている美容師も多いものです。それに乗じて美容師に対して「料金を支払っている」と言う事を盾にしてわがままを言ったりクレーマーまがいの態度をとるような人もいるようです。そういう事が増えてくると美容師の皆さんは気持ち良く仕事をする事が難しくなってくるでしょう。いかに料金を支払っていたとしても、だからといって何をしても良い、という事にはなりません。美容師の皆さんに気持ち良く仕事をしてもらえば、それだけ美容師の皆さんも良い仕事ができる、という事につながります。そしてその事は結果的には私達のヘアスタイルをいかにうまく作ってもらえるか、という事に反映されると思うのです。最低限のマナーは客であっても守るべきでしょう。平井の美容室