40代の髪の色

40代の髪の色

何歳になっても明るい色にカラーリングをすればそれだけ若く見せる事が出来る、と思っている人がいるようですが、40代ともなるとその考えは当てはまらない事も良くあるようです。40代以上になった人の髪色として、上品でマイナス5歳の効果を最も引き出す事が出来るのは、明るすぎないヘアカラーである、という説もあるようです。つまり出来るだけ地毛の色に沿った髪色に戻す、と言う事なんですね。これまでの若い頃には人工的な美しさ、というものも良く映えているたと思いますが、さすがに40代にもなると、今持っている自分の美しさを生かす方向の方が自分に似合っている可能性が大きいと思われます。ですから自分の髪色を少し明るくした程度のヘアカラーが一番しっくりと来るのではないでしょうか。無理をしていない若さの演出と言う程度が一番その人の魅力を引き出します。髪色を無理をして明るくしてしまうと、メイクやファッションまで無理な若作りをしてしまう結果になってしまいます。髪をある程度落ち着かせておくことは、メイクもナチュラルに、ファッションも上品にまとめる事が出来る一つのポイントとなると思います。もちろん白髪などを隠すためにカラーリングをする事は良い選択ではありますけどね。多くの女性たちが自分の髪の毛に対して年齢を感じるのは、分け目で地肌が見える割合が増えた、と言う時ではないでしょうか。髪を分けてみた時に「こんなに地肌が見えていたっけ?とぎょっとした経験がある人は少なくないでしょう。この地肌の見えてしまうほどの分け目、というのは確かにその人を老け込んだ印象にしてしまいます。ですから40代からのヘアスタイルで少し実年齢よりも若く見られたい、と思う時には分け目を作らないスタイルを意識すると効果があると言われています。これまで前髪を横に分けていた人は思い切って前髪を作ってみるのも良いかもしれません。どうしても髪をどちらかで分けたいならばその分け目が目立たないような工夫をすると良いでしょう。最近よくあるのは分け目をジグザグに取ることです。そうすることによって分けた部分の髪の根元も立ち上がり気味になるのでボリュームアップさせて見せる事も出来ます。分け目が目立たないですし、見えたとしてもちょっとしたオシャレな感じの分け目になるので、一工夫したオシャレと捉えられることでしょう。分け目を見せていると自分でも鏡を見るたびにその地肌の見える部分がとても気になって明るい気持ちになれないものですよね。そういう自分で気になってしまう部分と言うのは出来るだけ見えない様に工夫をする事が若く見せる一つのコツでしょう。溝の口にある美容院