その美容室の現状を知る

その美容室の現状を知る

美容師のアシスタント時代がその低賃金と長時間労働が問題となる、ということは残念なことに現実にあるようです。ですがそういう美容室ばかりではそれは大問題となります。実際にアシスタント時代を乗り越え、憧れのスタイリストになっている人もたくさんいる訳です。そこにはもちろん本人のやる気や取り組む姿勢、というものがあったかもしれませんが、その夢を実現する事が出来る環境であった、という事も大きな要因だと思うんですね。ですから国家試験に合格した人たちは、できるだけ自分の夢を実現する事が実際に可能となるような環境を選ぶべきだ、という事も言えるでしょう。ですから就職先となる美容室を選ぶ時には、その美容室がオシャレであるとか、憧れのスタイリストが勤務している美容室である、といった事よりも、その美容室の労働条件や福利厚生をきちんと確認し、疑問に思う事はちゃんと納得するまで質問するべきでしょう。求人を出す時には美容室側は、決して悪いことが言わないのが普通でしょう。たとえ給料が悪くても人間関係が良く楽しめる環境にある、とか、頑張れば1年以内にスタイリストデビューする事も出来る、といった言葉で入社を促すかもしれません。ついつい言葉に惑わされるかもしれませんが、現実に見える形でどのような環境が用意されているのか、という事をしっかり見極めなくてはいけませんね。多くの美容師のアシスタントたちが自分の賃金、労働条件に不満を持っているようですし、中には既にスタイリストになる夢をあきらめてしまった人もいるようです。そのような話を聞いても、それは本気でスタイリストになりたかった、とは言えないような人たちだからではないか、という考え方もあるかもしれません。現状としてどのような生活をアシスタントの皆さんはしているのでしょうか。その現状を知ればアシスタントの皆さんの気持ちがわかるかもしれません。一般的に言われているのは月収もボーナスも同時期に働き始めた同年代の人たちと比べるとかなり低い、というのが当たり前のようになっているようです。自分が働く美容室へ始発の電車で出勤し、帰りは終電で帰ることになる、というアシスタントも多いようです。それはアシスタントというポジションがお店の準備から片づけまでを担い、それにプラスして自分の練習をしなくてはいけないから、という事の様です。確かにそれはどんな業界でも下っ端の役目かもしれません。ですが美容室と言う業界で問題なのは、そういう時代が3年も4年も続く、という事の様です。アシスタントであれば30代であっても新人と同じような給料や労働時間を強いられることも少なくないようです。先が見えない、というアシスタントが多いということですね。立川の美容室

 

http://www.no3.co.jp/