スタッフ全員で大切にする

スタッフ全員で大切にする

美容室の名前を考えたり決定したりするのは、多くの場合はオーナーさんや店長さんですね。スタッフ全員で相談して決めた、というような美容室はあまりないかもしれません。ですがおそらくオーナーさんや店長さんはその名前を付ける時には色々な事を考え、色々な思いをその名前に込めているはずです。つまりその美容室に対する思いが詰まっているものです。ですからその名前の由来の様なものは、スタッフ全員で共有するべきだと思うんですね。例えばお客さんが「このお店の名前はどういう意味があるんですか?」と聞いた場合に一人でも「私は良く知らないんです。」というスタッフがいたら、ちょっと残念ですよね。逆にたとえ新人であってもその美容室の店名の由来をきちんと話す事が出来たならばとても好印象だと思うのです。この美容室はちゃんとお店の目指すところ、オーナーさんが求めている事をスタッフ全員で共有できているのだな、スタッフ教育がしっかりとしているな、という印象になります。答えられないスタッフがいると言う事は、スタッフの中には自分のお店に対して愛着を持っていない人もいるのだな、と思わせてしまう危険性があります。店名を大切にする、地う事はスタッフ全員の意識としてもっておきたいものですね。最近は美容室に限らずお店などを探したり情報を得ようとするときに使うのはインターネットです。スマホの普及によりいつでもどこでも調べ物が出来る時代です。そういう時代に合って、検索をしたらすぐに出てくる情報、というのが利用する人に求められるようになっています。美容室であるならばその「美容室の店名 地域名」とか「美容室、地域名」などのキーワードで検索した時に、できるだけトップの方に表示される情報を見る人は利用すると思います。そのように表示されるように対策を講じる事をSEO対策といいますが、今の時代このSEO対策をしっかりすることが集客の大きなポイントとなるようです。そのためにはまずは店名が読みやすく検索しやすい事が大前提となるでしょう。「何て読むの?」というところから調べなくてはいけない、とか、読み方の後方がたくさんあって、別の読み方で何度も検索を掛けなくては出てこない、といった店名は避けた方が良いでしょう。またあまりにも多くの美容室と同名の店名だと、検索をかけた時にとても多くの候補が引っかかります。そうなるとその中のどれなのか、という事をまた調べなくてはならない、という手間がかかってしまいます。例えばビューティーという単語はよく美容室に使われますが、それだけでは膨大な情報が表示されます。何か別の単語を頭に付けるなどの工夫が必要でしょう。高田馬場の美容院