ストレスとの向き合い方

ストレスとの向き合い方

どんな仕事でも同じかもしれませんが、働くうえでストレスとの向き合い方はとても重要だと思われます。うまくストレスをためない、ストレスを抱えた時にどう解消するか、という事は誰にでも当てはまる問題でもあり、そこが上手く出来ない人というのは、雇い入れる側からすると出来れば上手くやっていける人を採用したい、と思うのは当然のことでしょう。「どんな時にストレスを感じやすいか」とか「ストレス解消法は何か」といった類の質問を採用面接で取り入れている美容室も多いのではないでしょうか。その時の答えとしてはなから「ストレスと感じない性格です」とか「楽観的なのでストレスはありません」などとストレス自体を否定する答えと言うのは、逆に空々しく感じさせてしまうかもしれません。ストレスを感じた経験などは素直に話すべきですが、肝心なのはそこをどう乗り越えたか、という事だと思います。自分なりのストレス解消法をきちんと述べる事で、前向きな回答だと捉えてもらう事が出来るかもしれません。こういう質問の答えを考える事は、自分自身をみつめるきかっけにもなりますね。どんな時にストレスを感じやすいか、それをこれまでどうやって乗り越えてきたか、という自己分析を行う事は良い事ですよね。美容室の採用面接では、当然のことながら美容師としての資質の見極めも有るはずです。何を持って「資質がある」とするかはその美容室によって異なるかもしれません。例えばとにかくお客さんとの関係性を重視する美容室であれば、自分の売り上げを重視する美容師を求める事はないかもしれません。美容師として働くうえでその美容師が何を求め、何に重点を置いているか、という事が経営者の考えと一致しなければお店の一体感が薄れてしまいます。特に中途採用の美容師の場合、かつての美容室で身につけた考え方が、なかなか切り替えられないケースが良くあるようです。どちらの考え方が良い、というわけではなく、その美容室ではどう考えているか、という部分で一致しなくてはいけません。そういう時に求められるのは柔軟性だと思われます。「こうでなくてはならない」という考え方を持っている人は上手く付き合っていくのが難しいケースが良くありますよね。ですから自分が確固たる信念を持っているのは悪い事ではないのですが、それを前面に出してしまっては、付き合いづらい人である印象になってしまったり、チームワークを崩してしまう可能性がある、と思われかねません。柔軟な考え方ができる人材であると思われる方が良いのではないでしょうか。宇都宮 美容院