テナントのデメリット

テナントのデメリット

美容師が独立して自分の美容室を持ちたい、と考えた時にいきなり会社を興して何店舗も美容室を持つ、という事はしませんよね。おそらく小規模な美容室を一件構える事になると思うのですが、その時に自宅の一部を美容室に改造するか、どこかにテナントを借りるか、と言う選択肢があると思うんですね。その時に「自宅を改造するなんてとんでもない」という考えになるかもしれませんし、実際に改造できるような状況ではないケースも有ります。そもそも自宅がマンションの一室である場合には最初から無理な話、という事になり、自宅そのものを立てなくてはいけない、という話になりますからそこまでするのはとても無理だ、というケースが殆どでしょう。ですが実際に一戸建ての家に住んでいて、タイミング良くリフォームなどをしても良い、という事であれば、美容室を開業するにあたって、自宅を利用する事は大きなメリットがあると言えるのではないでしょうか。もちろん単純に考えたらテナントに入った方が楽です。居抜きの物件であればなおさらです。ですがテナントというのはあくまでも自分の持ち物ではないので、たとえばそのビルが建て替えになる、となったら自動的に美容室も閉めたり移転せざるを得なくなります。その時に費用は莫大なものとなるでしょう。そう考えると美容室自体が自分のもの、という方が断然よいような気がしますね。ひとくちに「美容室」といっても色々なタイプの美容室がありますよね。企業体形をしたチェーン店の美容室も有りますし、2・3店舗のグループでやっている美容室も有れば、個人が経営している美容室、小規模で家族で経営している様な美容室もあります。経営者にとってはどういう美容室を経営するか、という事を考える時には、そのメリット・デメリットは色々あると思います。今では少なくなってきた小規模で自宅を美容室にしている場合には、地域に密着して代々美容室をやっている、というようなところが多いものです。こういったタイプの美容室は、どんなに今どきの美容室が増えても固定のお客さんがいて、決して経営が傾かないケースが多いような気がします。自宅を美容室にする、というのは何かメリットがあって、経営をするにあたってなにか利潤が左右されないようなものを持っているのでしょうか。同じ小規模な美容室でも、どこかのテナントにはいっているような美容室だと、いつのまにか経営者が変わっていたりするのを見かけますが、自宅で美容室をしていたのが、代が変わった訳でも何のに潰れてしまっている、というのはあまり遭遇したことが無いように思います。それだけ経営的に自宅を美容室にする事はなにか良い面をもっているのではないか、と感じます。柏でネイル