雑誌を読むにも気を使う

雑誌を読むにも気を使う

一方で「美容室ではほかにする事が無いので雑誌に目を通すけれども、落ち着かないし気を使う」と言う人もいます。それはあまりにも美容師との距離が近いので、ロッドを巻かれているときなどは確かに暇なのだけれども、雑誌をめくっている様をなんだか美容師に見られている様な気がして、恥ずかしくなる、という人もいるようです。見ているページの記事によっては「こんなの読むんだ!」などと思われてしまうのではないか、という事が気になる人もいるようです。ですから本当は興味のある週刊誌の特集などがあっても、美容師に気付かれるのが恥ずかしくて、わざとファッション誌を見ているふりをする、というような人もいるようです。なぜそんな気持ちになるのか、というと美容師と言う人たちが少し非日常的に感じるほどオシャレな人達ですし、これから自分はキレイになろうとしているのに、こんな下世話な話題の週刊誌を読んでいるのでは美容師にバカにされるのではないか、とか、なりたいヘアスタイルと興味のある記事がかけ離れている、と思われたくない、とかそんな気持ちになってしまう様です。美容師に言わせればそんな事を気にしている暇はない、というのが本音でしょうけれども、日常では誰かがすぐ後ろに立っている状態で雑誌を読む様な事はありませんから、恥ずかしく思う気持ちもわからなくはありませんね。美容室内での待ち時間の間に雑誌を読んで過ごすのが楽しい、という人はそれらの雑誌が自分の趣味にあった人であると同時に、色々な理由で雑誌を読む事を楽しみにしている人たちです。まずはそれらの雑誌を自分では買わない、という人たちです。特に週刊誌の類は自分で買うほどのものではない、という人も多く、「あれば読む」と言うスタンスの人た多い感じですよね。ですから美容室へ来た時ぐらいしかそういう雑誌を目にする事は無いし、ゆっくり座って読むような機会が無い、という人たちです。時には小さなお子さんを抱えているママたちなど、日頃はどんな本であれ、座って読む様な時間は無い、という生活をしている人にとっては、それがたとえ自分があまり興味を持っていない内容のものであっても、座って本を読む、ということ自体が贅沢で非日常の時間となるのでしょう。同じ感覚で楽しく読んでいるのがファッション誌です。せっかく美容室でヘアスタイルを整えてもらっているのですから、少しファッションの勉強でもしてみようか、という気分になるものです。それが家でもそんな雑誌を読んで研究しているか、というとそうでもない人もいます。美容室と言う特別な空間だから、そして確実にこれからキレイになろうとしているからこそ、美容室でファッション誌を読むのが楽しくなるようです。マツエク まつげエクステ 三宿 トリートメント ミンク 人気 クーポン 口コミ